無類の効かせたがり~君がくれたもの~

皆様いつもご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

まんみはんこと
萬實隆太(まんみりゅうた)です。

昔から力仕事をしたり
重い荷物などをもっと
あえて一番重く感じるような
持ち方をして
筋肉にあえて効かそうと
してしまいます。

他の人や職人さんは
いかに無駄な力を使わずに
疲れないように効率的に
持ったり作業をしたりします。

そんなことはわかっているのです。
なのに重いものを持つと
どうしても筋肉の動きが
気になってしまうし
意識していなくても
無意識に力をいれてしまうのです。

ベンチプレスに例えると
いかに重いバーベルをあげるのか
いかに胸の筋肉を鍛えるのかの差です。

よくジムで見かけますが
ベンチプレスをするときに
背中にアーチをつくって
行う人をよくみかけます。

パワーリフターなら
何にも思いませんが
単純に
胸のトレーニングとして
ベンチプレスをするならば
背中にアーチを作らずに
ベタ付けで行うほうが
確実に圧倒的に胸筋を
鍛えることができます。

こうゆう話があります。
世界的に有名な
ベンチプレスの選手が

一般的なボディビルダーが行う
背中をベタ付けにした
ベンチプレスをすると。

全く挙がらないのです。

世界的なパワーリフターが
平凡なボディビルダーに
負けてしまうのです。

競技としてのベンチプレスは
胸はあまり使わずに
全身の筋力であげるものです。
なのでそこまで胸筋が発達している
ベンチプレスの選手は
あまり見かけないのです。

ですが普通の人は全身を
上手く使ってバーベルを
挙げることも難しいので
トップレベルの選手も
やっぱり凄いです

要は同じものでも
目的によっては全然違う
感じ方や動き方をするので

仕事やベンチプレスに限らず
色んな事に当てはまると思いますので
皆様も改めて考えてみてください。


画像はジェリービーンズに
紛れたまんみはんです。

公式オフィシャル/まんみはんの本質~ツーステップからの俺~

萬實隆太(まんみりゅうた)と申します。 恥ずかしがり屋でありながら 目立ちたがりという 少々、面倒くさい人間ですが 自らの魅力を最大限に 伝えられればと思っておりますので 何卒、お付き合いくださいませ♪

0コメント

  • 1000 / 1000