3月12日 三国志の遺跡を巡る4泊5日の旅2日目~→関羽が10年駐屯した荊州古城~

3月12日

さぁ2日目です❗


昨日に引き続き雨が降っています。
しかも昨日よりちょっと強いかも(汗

本日は荊州を巡ります❗


朝7時からの朝食を済ませた後、
ガイドさんがせっかく荊州に来たのですから
ギネスにも認定された
48mの巨大な関羽の像を見に行こうと
皆に提案し徒歩で行くことになりました。

これはツアーには含まれておらず自腹になるらしいです。

雨の中、ホテルから10分くらい歩くとその施設はあります。

実はまだ未完成でとりあえず
巨大な関羽の銅像だけ完成させ
回りの施設はまだまだ手をつけておらず

40元で入れることに(全体が完成したら120元になるらしい

とにかく巨大で圧巻でした
ワガママを言えば晴れてたらもっと
その壮大なスケールと雰囲気を味わえたでしょう。

しばらく眺め銅像以外はなにもないので
ホテルへ戻りすぐさまバスで荊州古城へ移動します。

荊州古城は関羽が10年間駐屯して
守っていましたが
諸葛亮の兄、呉の諸葛瑾に
荊州の返還を交渉されるも
自らのうぬぼれのせいで
奪われてしまいました。

その後、関羽ら呂蒙に追いやられ自害に至ります。

荊州古城の城壁は今もそのまま残っており
一周10.5kmもあるそうです。

さすがにまわる時間がなかったので

来客を入れる東門だけ見て回りました。

次に荊州博物館です。
こちらは三国志はあんまり関係なく
前漢の時代のものから
2000年以上前の絹や装飾品が展示されていました。

三国志にあんまり関係がないからなのか
あまり熱が入らず

そのまま荊州博物館を後にし昼食へ

そのまま襄陽に行くのかと思いきや
ガイドさんの計らいで関帝廟を見に行くことに
しかもこちらはガイドさんの自腹です。

関帝廟は関羽を商売繁盛や学問の神様として
奉っている場所です。
台湾や日本の横浜にもありいくつかございます。

本日行ったこの関帝廟は本家本元の場所です。
雰囲気が重厚でした。

しばらく見学し

ここからバスで3時間
孫堅と劉表が戦った
襄陽の戦いの舞台、襄陽へ向かいます。

襄陽へ到着後
そのままホテルへチェックイン

夕食をとり

近くのスーパーに買い出しをして

Huluで海外ドラマを見て

就寝します。


明日は三顧の礼で知られる
古隆中などを見学します。

公式オフィシャル/まんみはんの本質~ツーステップからの俺~

萬實隆太(まんみりゅうた)と申します。 恥ずかしがり屋でありながら 目立ちたがりという 少々、面倒くさい人間ですが 自らの魅力を最大限に 伝えられればと思っておりますので 何卒、お付き合いくださいませ♪

0コメント

  • 1000 / 1000